事業紹介

採用情報

採用情報社員紹介

日々学び分からないことをそのままにせず
知識を深めていきたい

J.H.

土木部/2016年入社/静岡県立浜松工業高等学校卒業

Q1 現在の仕事内容

常に最終的な仕上がりをイメージしながら進める

私の仕事は土木工事の現場監督です。主に安全・品質・工程などの管理やコスト面での管理を行っています。具体的には協力業者の方たちとコミュニケーションをとり、どのような作業方法で進んでいくのかを話し合い、それに対する改善案やその作業に適した安全管理方法の検討を行い、さらにその作業が工程管理上問題ないことを他の作業と照らし合わせながら進めていきます。また、これらの方法を検討するのと同時に、どのようにすれば安全かつスムーズに高品質なものが出来上がるのか、最終的な仕上がりをイメージしながら仕事をしています。いずれにせよ現場で一番大切だと感じるのは安全管理です。無事故・無災害で工事が完了できるよう日々作業を行います。

Q2 入社のきっかけ

歴史の長い鈴木組で地域に根付いた仕事がしたい

小さい頃から建設関連の仕事に就きたいと思っていました。父親も元建設関係の仕事をしていて、出かけている時などに「ここは俺も手伝ってつくったんだよ」などと言われ、いつか自分も自分の子どもに自慢が出来るような仕事がしたいと思い、建設の仕事に就きました。建設の職場を探している中、本社の見学に来た時に、鈴木組の本社のアットホームな感じに惹かれ入社を決めました。

Q3 仕事のやりがい

「お疲れ様」、「ありがとう」の一言が励みになる

この仕事のやりがいは、いろいろな方々と出会えることや、どのように仕事を進めていくか自分で考えてできること、何より、自分のつくったものが地図に残ることだと思います。工事が竣工し、地域の方々から「お疲れ様でした」「ありがとうございました」などと声を掛けられた時や、工事の優良表彰をいただいた時は、頑張った甲斐があったと感じます。

Q4 これからの課題や目標

地道な努力を継続することがステップアップになる

ある程度現場を一人で進められるようになってきましたが、まだまだ知識不足で分からないことも多々あります。今後も日々学び、さまざまなことに興味を持ち、分からないことをそのままにせず、さらに知識を深めていきたいです。そして、得た知識をもとに現場の条件に合った管理をスムーズに行えるよう、日々努力していきます。

これから鈴木組に入社する方へ

達成感を味わえるのは建設に関わる仕事だからこそ

建設業は「地図に残る仕事」と言われますが、自分がそれに携わっていけるのが大きな魅力であり、頑張りがいのあるところだと思います。当然楽しいことばかりではありませんが、無事に工事を終えた時の達成感はとても大きいです。是非、一緒の現場で働けることを楽しみにしています。

100年後の鈴木組の姿

地元の方々が誇りに感じる存在になる

地元地域から誇りにされる会社になればと思います。現在では自社よりも他社の名前を聞くことが多いのが現実だと思います。でも、将来は「浜松の建設業といったら鈴木組」と誰もが答えていただけるような会社になりたいと思います。そうなれるよう、日々、新しいことにチャレンジし、技術や知識を積極的に身に付け、良いものは引き継いでいけるよう努力していきたいと思います。

他の社員紹介を見る

  • 土木部

    Y.M.

    些細なことでも
    声を掛けてもらえる
    関係性を築く

    詳しく見る

  • 土木部

    S.S.

    子どもの頃に夢見ていた
    大きな仕事を任せられるように
    なりたい

    詳しく見る

  • 建築部

    M.I.

    多くの人を動かすための
    知識や技術も
    身に付けていく

    詳しく見る

  • 建築部

    T.S.

    達成感こそ、
    この仕事を続けていくうえでの
    モチベーションになる

    詳しく見る

  • 建築部

    S.T.

    自分にできることを
    一つ一つ
    増やしていきたい

    詳しく見る